変形性膝関節症サプリメント人気ランキング!膝の痛みにお勧めの対策も

変形性膝関節症の改善法

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の薬とその効果・副作用

投稿日:

変形性膝関節症の薬

変形性膝関節症の痛みが強いときは薬の効果で、痛みをとったり炎症を鎮めたりします。

副作用に注意しながら、薬効といった種類や、外用薬(塗り薬や貼り薬)、内服薬、座薬を使い分けます。

変形性膝関節症の薬は痛みのあるときだけ使い、予防的に使うことは避けることが大切です。

変形性膝関節症の薬物療法

変形性膝関節症の薬物療法に使われるのは、痛みをとる効果のあるアセトアミノフエンや、抗炎症作用もある非ステロイド性消炎鎮痛薬です。

変形性膝関節症による膝の痛みは、炎症が主因なので、一般的には、非ステロイド性消炎鎮痛薬が主に用いられます。

副作用に注意

ただし、非ステロイド性復火鎮痛楽は、長期間使用すると、胃もたれ、胃痛、食欲不振などの胃腸障害が起こりやすいため、注意が必要です。

同じ非ステロイド性消炎鎮痛薬でも、胃腸障害が起こりやすいものと、比較的起こりにくいものがあり、薬の種類によっては、胃や腸の粘膜を守る薬を一緒に飲む必要があります。

一方、アセトアミノフエンは、抗炎症作用はないものの、胃腸障害などの副作用が比較的起こりにくいという特徴があります。

それでも、副作用がまったくないわけではありません。鎮痛薬は、痛みがあるときにだけ使うのが基本です。

予防的な意味でだらだら飲むと、副作用の危険が増すだけでなく、とくに非ステロイド性消炎鎮痛薬は、長く飲み続けると、骨と胃に悪影響を及ぼすこともあります。

外用薬、内服薬、座薬をうまく使い分ける

鎮痛薬には、塗り薬や貼り薬といった外用薬、ロから飲む内服薬、直腸から薬剤を吸収させる座薬があります。

塗り薬や貼り薬の主な成分は、非ステロイド性消炎鎮痛薬ですが、皮膚から成分が吸収され、効率よく膝に運ばれるため、内服薬に比べて重い副作用は出にくいといわれています。

その反面、作用はおだやかです。また、皮膚の弱い人は、かぶれに注意が必要です。

一般的には、まず外用薬を試し、十分な効果が得られないときに、次の一手として内服薬を用います。

座薬は、即効性があるため、痛みが強いときに効果的です。

重い副作用も比較的起こりにくいとされていますが、慣れるのに時間がかかることがあり、また、正しく挿入しないと良い効果が得られないこともあるので注意が必要です。

変形性膝関節症に使われる鎮痛薬の種類

種類 アセ卜アミノフエン 非ステロイド性消炎鎮痛薬 COX-2(コックスツー)阻害薬 オピオイド鎮痛薬
商品名 「アンヒバ」「力ロナ一ル」「ピリナジン」など  「ロキソニン」「ボルタレン」「ナボールSR」「インテバン」など 「セレコックス」「モービック」「ハイペン」「オスぺラック」など   「卜ラムセツ卜」「卜ラマ一ル」「ノルスバンテープ」など
特徴 一般的に、妊娠中やインフルエンザの際にも使用可能。市販の風邪薬などにも含まれる。抗炎症作用はない  医療機関で一般的に処方される鎮痛薬。飲み薬、座薬、貼り薬、塗り薬がある 比較的副作用が起こりにくいため、長期投与に向いている。非ステロイド性消炎鎮痛薬に比べると、鎮痛効果がやや弱い 強い慢性の痛みにも効果がある医療用麻薬。飲み薬と貼り薬がある
副作用 胃腸障害は少ないが、肝障害が問題となりやすい  胃腸障害。長期間の使用により、出血を伴う消化管潰瘍の危険性が高まる。気管支炎、肝障害、腎障害にも注意が必要 胃腸障害 吐き気、便秘、めまいなど

外用薬、内服薬、座薬の長所と短所

変形性膝関節症の湿布

薬の成分は血流によって運ばれるため、外用薬や座薬でも胃腸障害や全身的な副作用が起こる可能性はあります。

  外用薬 内服薬 座薬
長所

手軽に使える

皮膚から吸収され、成分が効率よく膝に運ばれる

重い副作用が起こりにくい

効果が高い

手軽に使える

即効性があり、強い痛みに有効

重い副作用が出にくい

短所

強い痛みには適さない

皮膚がかぶれることがある

成分によっては、副作用が出やすい

胃腸薬の併用が必要なこともある

挿入に慣れるのに時間がかかる

正しく挿入しないと効果がない

挿入の際、プライバシーの確保が必要

市販の痛み止め薬の効果

痛み止めの外用薬(湿布、ローションなど)や内服薬を、薬局や薬店で購入して、痛みをしのいでいるという人も少なくないかもしれません。

最近は、長く医療用として使われ、効果と安全性が十分に確かめられた薬が、市販用の商品になることも増えています。

アセ卜アミノフェン(商品名:ノーシンなど)や、非ステロイド性消炎鎮痛薬のイブプロフェン(商品名:イブA鍵など)、ロキソプロフエンナトリウム水和物(商品名:ロキソニンなど)、ジクロフエナクナトリウ厶(商品名:ボルタレンなど)などがそうです。

これらは、有効成分の含有量が、病院の処方薬より少ないだけで、使用法や副作用は同じです。添付されている「使用上の注意」をよく読み、正しく使いましょう。

おすすめの記事

変形性膝関節症 サプリメント 1
変形性膝関節症の痛みに!サプリメント人気ランキング2018年版【膝痛改善】

つらい膝の痛みでお悩みではありませんか? その膝の痛みは変形性膝関節症かもしれません。 でも、まだ軽度の変形性膝関節症なら、痛みを改善または進行を抑える方法もあります。 ▼膝の痛みサプリ人気NO.1は ...

-変形性膝関節症の治療
-, ,

Copyright© 変形性膝関節症の改善法 , 2022 AllRights Reserved.