変形性膝関節症サプリメント人気ランキング!膝の痛みにお勧めの対策も

変形性膝関節症の改善法

変形性膝関節症の検査診断

病院での変形性膝関節症の検査と診断の流れ

投稿日:2016年9月26日 更新日:

病院での変形性膝関節症

変形性膝関節症の診断は比較的容易ですが、別の病気が原因で変形性膝関節症になっていることもあり、きちんと見きわめる必要があります。

適切な治療を行うためには、正しい診断が欠かせません。

ここでは、病院での変形性膝関節症の検査と診断の流れを解説します。

変形性膝関節症の診断

変形性膝関節症の診断は、問診などの診察とX線検査でほぼ可能ですが、別の病気による膝痛と区別したり、一次性か二次性かを判断する必要があります。

どんな病気も同じですが、正しい診断なしに適切な治療を行うことはできません。変形性膝関節症の診断は患者さんの自覚症状と、膝の客観的な状態を総合的に判断して行います。

まず、「問診」で患者さんの自覚症呎や生活背景を聞き取り、次に、脚の形や歩き方などを見る「視診」、実際に触って膝の動きや痛む場所などを確認する「触診・理学的検査」へと診察を進めていきます。

変形性膝関節症の重要な診断材料となる、関節の骨と骨の隙間は、単純X線検査でよくわかります。よりくわしい情報が必要なときには、MRI(磁気共鳴画像)検査や、CT(コンピユー
夕断層撮影法)検査も追加します。

血液検査や尿検査も行いますが、それは、関節リウマチや痛風・偽痛風の有無を調べるためです。

また、関節液を採取して調べる検査を行うこともあります。関節液の状態からは、炎症の有無、感染の有無、出血の有無などがわかります。

変形性膝関節症の診断は、特別難しいものではありませんが、原因疾患がある二次性か、そうでない一次性かを見きわめることが重要です。二次性の場合は、変形性膝関節症の治療だけでなく、原因疾患の治療をきちんと行う必要があるからです。

一次性か二次性か

同じ変形性膝関節症でも、原因となる病気(原因疾患)がはっきりしている二次性のものと、原因疾患がとくにない一次性のものでは、治療がまったく異なります。

さまざまな診察や検査を行うのは、痛みの原因が変形性膝関節症だと明らかにするとともに、一次性か二次性かを見きわめるためです。

二次性の原因疾患としては、関節リウマチ、痛風・偽痛風、化膿性関節炎、半月板損傷・靭帯損傷、大腿骨顆部の特発性骨壊死などがあります。

問診や視診、触診・理学的検査、各種の画像検査、血液検査・尿検査、関節液検査などを行うことによって、これらの病気の有無がわかります。

画像検査や血液検査の前に、患者さんの話や膝の状態から痛みの原因を推測します。問診、視診、触診・理学的検査は、正しい診断を導き出すための第一歩です。

自覚症状や生活背景を聞く「問診」

問診でいちばん大切なことは、患者さんがどのような症状で苦しみ、何に困っているのかを、医師が把握することです。

自覚症状を伝えられるのは、患者さんやその家族だけといっても過言ではないので、診察に入る前に、できるだけ症状を整理しておきましょう。「症状メモ」をつくっておくと、医師との会話に役立ちます。

生活背景は、現在の生活だけでなく、職歴やスポーツ歴、骨折や脱臼、半月板損傷や靭帯損傷など膝のけがや、関節炎などの既往も含まれます。

また、家族歴として、血縁者に変形性膝関節症、関節リウマチ、痛風などの病気をもつ人がいるかどうかも確認します。

病院で記入を求められる問診票には、多くの場合、心臓病や糖尿病など全身の病気の有無や、現在治療中の病気について尋ねる項目がありますが、これらは、患者さんの健康状態を総合的に判断するために必要な情報であり、治療を行うための参考になります。

問診で確認されるポイント

①自覚症状(いつごろから、どこがどんなときに、どのように痛むか)(こわばりやひっかかる感じの有無)(腫れや熱っぽさの有)

②生活背景(現在の仕事、生活様式、趣味など職歴やスポーツ歴)

③病歴(膝のけが、全身の病気、現在治療中の病気、飲んでいる薬)(血縁者に変形性膝関節症、関節リウマチ、痛風の人がいるか)

歩き方や脚のかたちを見る「視診」

O脚やX脚の人は変形性膝関節症になりやすく、病気の進行にしたがってO脚やX脚が悪化します。

ひざがまっすぐ伸びない、歩幅が狭くなった、膝がぐらついて不安定なな歩き方をするなども、変形性膝関節症の特徴です。

脚のかたちや歩き方を見ることにょって、膝に関するさまざまな情報が得られます。視診を受けるときは、いつも履いている靴を履いて行き、普段の歩き方を見てもらえるようにするとよいでしょう。

視診で確認されるポイント

①脚の形を見る(0脚、X脚の有無や程度)

②歩き方を見る(膝の伸び方やぐらつき、歩幅など)

変形性膝関節症があると、靭帯が引っ張られて伸びるため、靭帯がゆるんで膝がぐらつくようになります。

膝の動きや痛む場所を確認する「触診・理学的検査」

医師が実際に膝をさわったり、動かしたりして膝の状態をくわしく調ベます。確認するのは主に次のようなことです。

  • 腫れや熱っぽさの有無
  • 水がたまっているかどうか
  • 膝を動かしたときの異常な音
  • 膝の可動域
  • 膝のぐらつきや筋力低下の有無
  • 痛む場所

とくに、押して痛いところ(圧痛点)がないか確認する診察は重要です。膝の靱帯や筋肉の痛んでいる場所がわかり、診断の助けになります。

画像検査で変形性膝関節症の状態を判断

画像検査で変形性膝関節症

膝の状態を客観的に調べるのが画像検査です。大腿骨と脛骨の隙間や、大腿骨と膝蓋骨の隙間の状態、骨棘や骨のう胞の有無などがわかります。

単純X線検査

変形性膝関節症の診断に、単純X線検査は欠かせません。正面や側面から膝を撮影し、膝の関節(大腿脛骨関節、膝蓋大腿関節)の状態を調べます。

骨と骨の隙間のあき具合や、骨棘や骨のう胞の有無を確認することが目的です。

問診、視診、触診・理学的検査、血液検査や尿検査の結果に加え、単純X線検査の所見で、変形性膝関節症が明らかなら診断が確定します。

単純X検査の画像からは、進行の程度(病期)もわかりますが、病期と症状の重症度は、必ずしも一致しません。病期が進んでいるのに、痛みなどの症状がそれほどないこともあれば、逆のこともあります。

MRIやCTなどの精密検査

MRI検査は、関節軟骨や半月板、靱帯、滑膜なども映し出すことができます。半月板損傷や靭帯損傷の有無、大腿骨顆部骨壊死の有無を調べたいときや、手術の前に、軟骨の状態も含めた詳細な情報がほしいときに行います。

CT検査は、骨の状態をくわしく知ることのできる検査です。骨棘や骨のう胞といった骨の変形、骨粗鬆症など骨の質の異常などを、くわしく調べることができます。

病院や医師の選び方とセカンドオピニオン

手術件数や専門医の資格、さらには医師の容貌までも簡単に調べられるいま、情報がありすぎて迷うほどですが、医療機関を選ぶときの第一のポイントは、自宅から無理なく通えるかどうかです。

ただし、近いからといって、いきなり大学病院に行くのは、時間がかかるばかりで得策とはいえません。

変形性膝関節症の場合、初診ではまず問診、次に触診などのを行い、X線検査後、その結果を説明され、治療を行うというのが一般的です。知っておきたいのは、1回の受診で治ることはまれであり、最低でも1力月間は治療を続けないと、効果は判断できないということです。1力月通院してもまつたく改善しないときには、医師に正直に伝え、次の手を考えてもらい、それでうまくいかなければ、別の医療機関の受診を検討してもよいでしょう。

変形性膝関節症を診てもらう医師

変形性膝関節症を診てもらう医師

医師も一人の人間で、相性もあるため一概にはいえませんが、次のような場合は、別の医師や医療機関への変更を考えるベきかもしれません。

医師を選ぶチェックポイント

  1. 不潔
  2. 服装がだらしない(白衣が汚れている、柄物のTシャツが白衣から透けているなど)
  3. 説明がわかりにくい
  4. 質問するといやな顔をする
  5. 初診時から強く手術をすすめる
  6. 結果の得られない治療を続ける
  7. なんとなく好きになれない

1と2はいうまでもないことですが、3は、患者側の立場で物事を考えられない可能性があります。4は、診療時間には限りがあるため、患者側にも配慮が必要ですが、質問にわかりやすく答えることは、医師に求められる能力の1つです。

次に5ですが、変形性膝関節症で手術になるのは、一般的に10人にー人です。多くは保存療法を続けていくので、いわゆるゴッドハンドの名医より、長くつきあえる「良医」に出会うことが大切です。

したがって、6や7も見逃せません。良医とは、人間性とプロ意識を持った医師のことです。手術をすすめられて、セカンドオピニオンを聞きたいと思ったら率直に相談しましょう。快く紹介状や検査デー夕を用意する医師なら、誠実な人柄だと考えられます。もし、手術することになったら、このチェックポイントを確認しましょう。

おすすめの記事

変形性膝関節症 サプリメント 1
変形性膝関節症の痛みに!サプリメント人気ランキング2018年版【膝痛改善】

つらい膝の痛みでお悩みではありませんか? その膝の痛みは変形性膝関節症かもしれません。 でも、まだ軽度の変形性膝関節症なら、痛みを改善または進行を抑える方法もあります。 ▼膝の痛みサプリ人気NO.1は ...

-変形性膝関節症の検査診断
-, , ,

Copyright© 変形性膝関節症の改善法 , 2022 AllRights Reserved.