変形性膝関節症サプリメント人気ランキング!膝の痛みにお勧めの対策も

変形性膝関節症の改善法

変形性膝関節症の基礎

膝がまっすぐ伸びない原因は変形性膝関節症の可能性が!

投稿日:2016年10月3日 更新日:

膝がまっすぐに伸びない

膝がまっすぐに伸びないのは、痛さのため膝関節をあまり動かさなくなったため、筋肉や腱が固くなってしまった(屈曲拘縮)のが原因と思われます。

こうした場合は、変形性膝関節症がかなり進んでいることが疑われます。この場合は手術になる可能性もあります。

膝がまっすぐに伸びないときの診断

診察台の上に仰向けに寝てもらい、かかとを滑らすように両足を伸ばしてもらいます。

そのときに足の筋肉がかたまり細くなっていて、さらに膝の裏側がベッド面より浮いて手が楽に通るようなら、第一に変形性膝関節症を疑います。

これは靱带断裂や半月板拟傷でもみられる所見ですが高齢者の変形性膝関節症では特に多くみられます。

膝の音は?

触診では膝関節がどの程度曲がるかを調べながら、膝の音を探ります。ゴリゴリという雑音がする場合は、関節内で半月板、関節軟骨、滑膜に異変があり、関節周囲では筋や腱、滑液包に興常があると思われます。

痛みは?

続いて、膝のお皿(膝蓋骨)がどれくらい動くか、動かしたときに痛いか(特に足先のほうの部分)を調べます。

お皿を押しつけながら上下左右に動かして、動き方がスムーズか、痛みがあるかをみます。痛みを訴えた場合はさらにお肌を左右(内側と外側)に動かして関節面を探ります。膝蓋軟骨軟化症や、膝蓋骨の裏側の軟骨が部分的にすり減った症状を合併した変形性膝関節症では押して痛む圧痛を訴えますが、そうでない場合もあります。

膝鉴骨の亜脱臼の傾向がある場合は、お肌を外側方向に圧迫すると患者は脱臼への不安感を示します。

変形性膝関節症を調べる触診

変形性膝関節症を調べる触診

次に膝の状態がどうなっているか、膝関節の不安定性を調べる触診をします。

膝がどのくらい不安定になっているかは下肢をX脚状に曲げる「外反ストレステスト」でわかります。膝を30度くらい屈曲させて、本来なら曲がらない方向にカを加えるテストです。このテストでかなりの痛みを訴える場合は内側か外側の側副靱带断裂と判断できます。

なお、靱带に断裂などのケガをした直後では損傷部に痛みを訴えますが、古い断裂では痛みはほとんどありません。

触診は、膝がどんなふうになっているのかを探る手段で、病名をだすための診察ではありませんが、たいへん重要な診察法です。

多くの病院では時問がかかる触診は短時問で済ませ、すぐレントゲン撮影やCTなど画像診断をする傾向があるようです。

十字靱带がどのくらい損傷しているかを診断するためには仰向けに寝た姿勢で膝を90度の角度で立ててもらい、前方へ引き出すようにする「前方引き出しテスト」(前十字靱带を診る)と、逆に押し込むようにする「後方押し出しテスト」(後十字軸带を診る)をおこないます。ひねりながら膝を脱臼させるテストもします。

さらに、膝をひねりながら膝の屈曲と、膝を伸ばすテストを強制的におこなって、痛みが内側にあれば内側半月板損傷、外側に痛みがあれば外側半月板損傷を疑います。

徒手検査法

このように触診しながらおこなうテストを「徒手検査法」といいますが、膝の解剖学的な知識がなければ難しい手法で、また、患者の膝を曲げたり伸ばしたりするときの力の入れ方などで危険な要素を多く含みますので、絶対に医者でない人がおこなってはいけない検査です。

なお、これらの徒手検査法は、いずれも決定的な診断にはならないので、最終的にはレントゲン撮影やCT、MRI、関節鏡などの検査が必要になります。

膝がまっすぐに伸びなく痛みがある場合は

膝がまっすぐに伸びないときの診断方法を解説しました。

ひざがまっすぐ伸びない場合、なるべく早めの受診をお勧めしますが、膝の痛みの改善を目的としたサプリメントを試してみることも良い方法です。 

膝の痛みサプリ人気NO.1はこちら▼ 

バナー原稿imp

 

>>変形性膝関節症に!膝の痛みサプリメント人気ランキング TOP

おすすめの記事

変形性膝関節症 サプリメント 1
変形性膝関節症の痛みに!サプリメント人気ランキング2018年版【膝痛改善】

つらい膝の痛みでお悩みではありませんか? その膝の痛みは変形性膝関節症かもしれません。 でも、まだ軽度の変形性膝関節症なら、痛みを改善または進行を抑える方法もあります。 ▼膝の痛みサプリ人気NO.1は ...

-変形性膝関節症の基礎
-,

Copyright© 変形性膝関節症の改善法 , 2022 AllRights Reserved.